8020運動って何?

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 予防歯科 > 8020運動って何?

 

厚生労働省が推進する「8020運動」とはどういう運動なのでしょうか?

「80歳になった時に20本の歯を残そう」という運動です

厚生省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本の歯を残そう」という運動です。 20本以上の歯が残っていれば、ほとんどの物がかめて、楽しい食生活ができます。 出来る事なら生涯美味しい食べ物を味わっていきたいですよね?

厚生省による8020推進事業団

8020運動を国民運動として発展させていくために、歯医者を中心とする団体や企業の協力のもと設立された財団です。 国をもって、8020運動の推進はもとより、 口腔と全身との関係に関する情報の 収集・提供・調査研究などを行っています。 8020推進事業団のウェブサイトへ

実際は80歳以上で何本の歯が残っているの?

1999年に行われた第8回歯科疾患実態調査によると、
  • 80歳以上の残存歯:約8本
  • 80歳以上で歯が20本以上残っている人:全体の約15%
その後2005年に行われた第9回歯科疾患実態調査によると、
  • 80歳以上の残存歯:約10本
  • 80歳以上で歯が20本以上残っている人:全体の約21%
1999年-2005年の間では、80歳以上の残存歯の数は格段に良くなっている事がわかります。それだけ日本人の予防歯科に対する関心が高まっているのでしょう。ですが、まだまだ不十分な状態は続いています。

健康な歯とアンチエイジングの関係

20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされています。健康な歯を持つことと、老化には切っても切れない関係があるのです。 歯を失うと、以下のような症状が多くなると予想できます。
  • 学習能力の低下(噛むことで血液を脳へ送っているため)
  • アルツハイマーや痴呆症の原因に(噛むことで脳を刺激しているため)
  • 肥満の原因に(噛むことで満腹中枢を刺激するなどの理由から)
  • 肩こり・頭痛などの原因に

なぜ歯がなくなるの?その原因の9割は虫歯と歯周炎です

歯を失う原因の90%は虫歯か歯周炎です。 中でも歯周病の状況は深刻で、成人の80%以上が歯周病にかかっていると言われています。 歯周病の症状として疑われるものは以下です。1度思い返してみてください。
  • 歯磨きのすると、歯茎から出血した
  • 歯磨きをすると、歯茎が痛い
  • 歯石がついているのが見えた
  • 歯と歯の間に食べ物がよく詰まる
  • 朝、口がネバついている
  • 歯茎が腫れていたり、赤く見える
  • 歯茎から膿(うみ)が出ることがある
  • 歯並びが悪くなってきた
  • 歯と歯が離れてきた
  • 指で触ると歯が動く
  • 固い食べ物が噛みにくくなった

虫歯と歯周病にならないために

家庭でできる正しいセルフケア

まずは正しい歯磨きの方法を身に付けることが大切です。磨いても、磨けていなければ・・・歯磨きをしていなのと同然です。磨き残しが虫歯や歯周病の原因になります。食べたらすぐに歯垢のたまりやすい箇所を重点的に丁寧に磨いていきましょう。 当院ではもちろん正しい歯磨きの指導もさせていただいています。お気軽にご相談くださいね。

年1~2回は歯科健診が必要です

「何年も怖くて歯医者に行っていない」 という方はいらっしゃいませんか?内科的な健康診断は、職場や自治体などで受けられている方が多いと思いますが、歯科検診が意外と受けられていない方が多いと聞きます。 体の検診と同様、歯科検診も年に1~2回は受診してください。 歯周病も早期に発見するほど、治療は容易になります。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |