歯周病の症状

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

伊丹市・阪急伊丹駅前の歯科|坪井歯科 > 歯周病(ぺリオ)治療 > 歯周病の症状

 

歯周病の症状日本もやっと歯垢や歯石に関心を持つようになりました。 でもまだまだ海外に比べると遅れています。 間違った知識や間違ったイメージを取り除き、正しい知識で歯の健康を保ちましょう。

歯周病の症状として疑われること

  • 歯磨きのすると、歯茎から出血した
  • 口臭がするようになった
  • 歯磨きをすると、歯茎が痛い
  • 歯石がついているのが見えた
  • 歯と歯の間に食べ物がよく詰まる
  • 朝、口がネバついている
  • 歯茎が腫れていたり、赤く見える
  • 歯茎から膿(うみ)が出ることがある
  • 歯並びが悪くなってきた
  • 歯と歯が離れてきた
  • 指で触ると歯が動く
  • 固い食べ物が噛みにくくなった
  • 固いものを噛むと痛む
  • 歯を触るとグラグラと動くことがある

歯周病の原因は歯垢

歯周病は、歯の表面に付着した歯垢(しこう)によって起こっていく病気です。歯垢とは食べカスではなくて、細菌の塊です。そして歯垢の中には、虫歯菌とともに歯周病菌も含まれています。これらの細菌 ( 特に歯周病菌 ) の持つ毒素によって、歯の周囲の歯茎 や、歯の根っこ を支える骨 が炎症を起こし、歯茎が破壊されていく病気、それが歯周病です。

歯石はどんな害を及ぼすの?

歯の表面に付着したままになっている歯垢(しこう)? が、硬くなったものがいわゆる歯石です。歯磨きでは除去できない固いものです。歯石の表面はザラザラしていて、さらにその上に歯垢が付着しやすくなっています。このため歯石も歯周病の原因となるのです。

歯周ポケットってなに?

歯と歯茎の間から歯の根っこに沿って歯茎の破壊が進行した結果、歯と歯肉の間にすき間のような溝ができます。この溝は、ポケットに似た形をとることから歯周ポケットと呼ばれています。歯周ポケットの中は、特に歯周病菌が繁殖するのに適した環境であるため、その中で歯周病菌が増殖します。その結果、歯の根っこに沿って破壊が進行し歯周ポケットはどんどん深くなっていくのです。

歯肉炎から歯周炎へ

歯肉炎から歯周炎へ歯周病のうち軽度のものは、歯肉炎と呼ばれていて、炎症は歯茎だけに限って起こります。歯周ポケットに沿って歯周病が進行すると、炎症は歯茎だけではなく、歯茎の下にある歯の根っこを支えている骨に及び、その骨が破壊されていきます。この状態を、歯周炎と言います。

歯肉炎の症状は?

軽度の歯周病である歯肉炎では、歯の周囲の歯茎が炎症を起こし、赤味がかった色になり、膨らんで丸みを帯びた形になります。また炎症を起こして弱った歯茎は、歯磨きをしている時に出血する事があります。

歯周炎になるとどうなる?

歯肉炎が進行し歯周炎になると、歯茎の下にある歯を支えている骨が破壊され、痩せ細ってしまうため、歯茎が下がって歯が伸びたように見えたり、歯と歯の間の隙間が広がって見えるようになります。また、歯周ポケットから膿(うみ)が出たり、歯の表面に蓄積した歯垢により、口臭がひどくなる場合があります。

歯周炎が進行するとどうなる?

歯を支えている骨の破壊が進行すると、歯がグラグラしてきます。歯周病と言えば、TVCMなどでよくリンゴを噛む姿が見られますが、歯周炎になると固い食べ物が噛みにくくなります。

コメントを残す

tsukaya としてログインしています。ログアウトしますか ?

 
Share |